囲碁にはまった技術者の日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 碁会所の段位について

<<   作成日時 : 2017/08/06 09:54  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

KGSの段位は、AGA(American Go Association)
の段位と一緒になるよう、全体のレートを調整している
ようですが、碁会所の段位って、全体を上げたり下げたり
しないから、公的な基準からはどんどん離れて行く
可能性があるんですよね。

じゃあ、碁会所の段位はどう決まっているか?
で、考えてみると、結局
「新規のお客さんの自己申告」
の集合体なんですよね。

父親の話なんかを聞くと、昔は
「席亭が一局みてくれて、級位を決めてくれる」
っていってたけど、これまでちょっと顔出した碁会所は
「棋力は?」
って聞いてくるだけで、基本私の申告がそのまま通ります。
そんな風に寄せ集まった自己申告の点数が平均化していって、
それがその碁会所の点数基準になっていてしまうんですね。

そこにきて、どう考えても5級以下のお爺様が、
「私はねえ、1級くらいだから、まずは4子でお願いできるかな」
なんて場面も、一度や二度ではないわけです。
そう言った、ちょっと見栄を張ってしまう、一桁級のおじいさま方が、
だいぶインフレに加担しているんでしょうね。

ただ、申請時の段級位がインフレ気味でも、客層が若ければ、
碁会所全体の棋力が上昇していきますから、少しは是正される
と言うものですが、まあ、ほとんど60歳以上ですから、そこも
期待できないわけで、、、、

私のように大会に出ない人間は、碁会所の段位はあてにしては
いけません。大会に出ている人との相対棋力差で、自称段位を
定めないと、恥ずかしいことになります。

県代表クラスと4子なら5段(これも昔からすればインフレですが)、
宝酒造4段戦で高戦績な人と互角なら4段-5段、などなど

最近の日本棋院の基準で5段程度、
ヨーロッパの基準では初段程度の私が、
今の碁会所の点数を信じて
「8段です」なんて言った日には、
どんな目にあわされるか、、、、恐ろしいことになるでしょう。

私は、初めての碁会所では4段で申請することにしています。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
碁会所の段位について 囲碁にはまった技術者の日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる