囲碁にはまった技術者の日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 3年後の棋力

<<   作成日時 : 2017/06/25 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

囲碁を打つ時間がなくなると、
必然的に
対局時間<<詰碁の時間(15min/day)
となります。
詰碁を解く時間は、忙しさにかかわらず、
一日平均15分程度。
社会人になって約10年間はほとんど対局せずに
一日15分の詰碁だけは継続しました。
その結果、棋力と詰碁力の間に
かなりの差が生じてしまったのですが、
これからの数年で、また同じような現象が
起こるのかもしれません。

25歳時点:

棋力3-4段
詰碁3-4段相当

35歳時点:

棋力3段
詰碁5-6段相当

現在(36.5歳):

棋力4-5段
詰碁5-6段相当

3年後予想:

棋力4-5段?
詰碁:6-7段相当?


いや、でもやっぱり対局したい。
仕事のスピードをさらに上げるしかないですね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
僕は1級からなかなか初段になれません。詰碁はとても初段は解けません。簡単なものを反復練習するとよいと聞きますが。
縄文人
2017/07/16 01:13
詰碁は、おっしゃる通り、基本の形をたくさん解いているうちに、徐々に第一感で答えが見えるようになっていくように思います。ノータイム詰碁やノータイム手筋の2冊は有段レベルの読みを身につける上で最適ですので、もしよかったらチェックいただければ、と思います。
ノータイムと言いつつ、知らなければなかなか解けない問題も多いので、気にせず私はゆっくり挑んでいました。
山口
2017/07/16 11:07
アドバイス、ありがとうございますm(_ _)m
縄文人
2017/07/19 16:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
3年後の棋力 囲碁にはまった技術者の日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる